創立50周年の松波動物病院が運営する通信販売 | 7,700円以上購入で送料無料!

050-3816-6672(平日10~15時)

犬の肝臓病

肝臓のはたらき

肝臓は、栄養素の代謝、解毒作用など様々な機能を担っています。
我慢強い臓器でなかなか症状を表さないため「沈黙の臓器」と呼ばれることもあります。
肝臓病には食欲や元気がなくなる、体重が落ちる、白目や歯茎が黄色になるなどの症状があります。


肝臓病の食事管理

肝臓の機能が低下すると、吸収した栄養素を上手く利用することが出来なくなり、痩せてきます。
そのため、肝臓に負担をかけないように消化性の良い良質なタンパク質を摂取量を適切に調節して与える必要があります。
主治医の先生と相談しながら、病状に適した食事を選ぶようにしましょう。

>犬の疾患一覧に戻る

並び替え
5件中 1-5件表示