• 松波動物病院メディカルセンター
  • トップページ
  • 会社概要
  • お支払い・送料
  • お買い物ガイド
  • 動物医療品店舗販業許可証 許可番号第A-9号
  • 買い物かご
松波動物メディカル

▼お電話注文は受け付けております。【TEL:052-833-2626】 (月〜金 10:00〜14:00 ※祝日除く)


商品案内 ロイヤルカナン犬用療法食 ヒルズ犬用療法食 SPECIFIC犬用療法食 犬用ベッツプラン 犬用ヒルズプロ ベッツセレクション犬用  森乳サンワールド 犬用 ロイヤルカナン猫用療法食 ヒルズ猫用療法食 SPECIFIC猫用療法食 猫用ベッツプラン 猫用ヒルズプロ ベッツセレクション猫用 森乳サンワールド猫用 ノミダニ駆除・予防薬

商品カテゴリ一覧 > 疾患からさがす > 猫の疾患 > 猫の腎臓病

腎臓病

腎臓は、体内の不要な代謝産物や有機物を体外に排泄する働きをします。血液をこして体内に必要な物質を再び吸収する一方で、不要な老廃物はおしっこ(尿)として排泄するのです。また、こうした働きによって、体の状態を―定に保っています。そのほかにも、ホルモンの分泌や血圧の調整、赤血球の形成にもかかわっていて、体全体を総合的に調節しています。
 ですから、腎臓の働きが悪くなると、いろいろな症状がでてきて、そのままにしておくと、生命が脅かされる危険もあります。




対策1

タンパク質を制限する
窒素性老廃物が減るので、腎臓の作業量が軽くなる
また、リンの摂取量を減少させることになる

対策2

ミネラルを制限する
リンの過剰は腎疾患を悪化させる
ナトリウムの軽度制限により、高血圧を改善する

対策3

食物繊維を増やす
窒素を栄養源としている腫内細菌を増やすことにより窒素を減らし、アンモニアを血中に拡散させない

対策4

脂肪を増やす
カロリーを十分とって筋肉の分解を防ぎ、またn-3脂肪酸は血液の流れを円滑にして、炎症による腎臓の損傷の進行を遅らせる

対策5

体を中性に戻す
腎臓が悪くなると、体が酸性に傾く。
中性に戻すために緩衝作用のある成分を与える

腎疾患の病態に合わせて食事を変えていきましょう。
おやつや他のフードを与えると、療法食の効果が低下します。


腎臓サポート

腎臓サポート
セレクション

ロイヤルカナン
腎臓サポート リキッド

k/d

k/d 腎臓ケア
シチュー缶

低Na-リン-プロテイン
【FKD/FKW】

キドニーケア

腎ケア

【健康ガード 腎臓・心臓】

イパキチン

カリナール1

カリナール2

カリナール3
 

犬用はこちら>>

8 件中 1-8 件表示 


8 件中 1-8 件表示