2017.12.19暮らし

猫にお風呂は必要?お風呂嫌い、シャンプー嫌いの猫の汚れを落とすには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂嫌い、シャンプー嫌いの猫個体差はありますが、猫は基本的に水を嫌う性質のため、お風呂に入れる際に苦労している飼い主の方も多いのではないでしょうか?
人間はほぼ毎日お風呂に入るので、しばらく飼い猫をお風呂に入れないでいると「猫だって気持ち悪いんじゃないかな?」と気になってしまいますよね。でも実は、基本的に猫にはお風呂は必要ないのです。
今回は、猫とお風呂の関係とともに、お風呂の入れ方などをご紹介します。

 

猫がお風呂を嫌うワケ

猫の祖先といわれているリビアヤマネコは、砂漠で生息していたといわれています。砂漠は昼夜の寒暖差が激しく、濡れたまま夜を迎えると体温が急激に低下してしまうなど、命の危険にさらされることも多い過酷な環境です。
水浴びを好んで行う生物の多くは、被毛の油分量が多いため毛が乾きやすいことが特徴です。しかし、リビアヤマネコの被毛には油分が少ないため、水分をはじく機能が低いとされています。一度水に濡れてしまうと完全に乾くまでにかなりの時間がかかってしまうことから、本能的に水浴びをするという習慣がありませんでした。
つまり猫がお風呂を嫌うのは、祖先であるリビアヤマネコ同様、本能で「水を浴びたら危険」と思ってしまうからなのです。

 

猫にはお風呂が必要なの?

猫にはお風呂が必要?基本的に猫は毎日自分で毛づくろいをするため、飼い主が思っている以上に清潔です。
特に、外に出ず家の中だけで生活している猫は、ニオイや汚れがつきづらいため、大げさにいうと一生お風呂に入れなくても問題ないのです。
ただし、次のような特徴を持つ猫は、必要に応じて洗ってあげると良いかもしれません。

 

毎日外に出る猫

外には家の中にはない汚れや病原菌があるため、毎日外に出る猫は、年に数回シャンプーしてあげることをおすすめします。さらに、外から家の中へ帰ってきたときに都度、足元や体全体を濡れたタオルなどで拭いてあげましょう。

 

長毛種の猫

長毛種の場合、毛にホコリなどがまとわりついたり、お尻周りに汚れがこびりついたりしてしまうことがあります。ブラッシングやタオルなどで汚れが落ちない場合は、部分的にシャワーをかけて落としてあげるようにしましょう。

 

毛がカールしている猫

「ラパーマ」などの毛がカールした猫は、皮膚の通気性があまり良くないため、皮脂が溜まってベタついてしまうことがあります。触ってみてベタつきが気になったときに、軽く洗ってあげましょう。

 

猫のお風呂の入れ方

猫のお風呂の入れ方ここでは、猫をお風呂に入れるときの注意点や、基本的な入れ方の手順についてご紹介します。

 

 

 

 

 

猫をお風呂に入れるときの注意点

水嫌いの猫にとって、お風呂はかなりのストレスであるほか、頻繁にシャンプーをしてしまうと、皮膚の油分が落ちてバリア機能が低下し、皮膚トラブルの原因につながってしまう場合もあります。そのため、毎日お風呂に入れたり、シャンプーでゴシゴシ洗ったりすることはできるだけ避けましょう。
 
また、猫は警戒心が強いため、本能的に顔の周りに何かが近づくことを避ける傾向があります。水が目の中に入ってしまうと恐怖心をあおり、余計にお風呂嫌いになってしまうため、顔はシャンプーをつけず、シャワーを直接かけないようにしましょう。

 

猫のお風呂の入れ方

  1. 大きなおけかバスタブに、猫の足元~お腹がつくくらいの高さまで、ぬるめのお湯をはります。
  2. 1の中に猫をゆっくりと入れて、お尻部分でシャンプーを泡立てます。下方向から背中や手足、お腹、首周りの順で洗います。顔周りはシャンプーをつけずに、タオルで拭くだけにしましょう。
  3. 大きなおけの場合はおけの外に出してから、バスタブの場合は栓を外してお湯を抜きながら、猫の体についた泡を流します。
  4. 全身をタオルでしっかりと拭いたあと、ドライヤーで乾かします。この際、顔に温風がかからないよう気をつけましょう。

 

通常は体を拭くだけでOK!

前述の通り、猫の体の汚れが目立たない限り、頻繁にお風呂やシャンプーをしなくても問題ありません。日常的な軽い汚れは、タオルや猫用のシャンプーシートなどで拭くだけで十分清潔を保てるため、なるべくそれらを活用するようにしましょう。

 

おわりに

今回は、猫とお風呂の関係や、お風呂の入れ方などをご紹介しました。
猫はきれい好きといわれるとおり、毎日毛づくろいをし、自分で清潔を保とうとします。
そのため、猫は頻繁にシャンプーする必要はなく、日常的にはブラッシングとタオル拭きで十分です。「お風呂に入れないと汚い!」なんて思いこまず、それぞれの猫に合った方法でお手入れしてあげてくださいね。
 

【水のいらないシャンプー】
http://www.matsunami-shop.com/fs/animal/GoodsSearchList.html?_e_k=%82%60&keyword=%90%85%82%CC%82%A2%82%E7%82%C8%82%A2%96A%83V%83%83%83%93%83v%81%5B&searchBtn4.x=68&searchBtn4.y=21
 
【ウェット手袋なでなで】
http://www.matsunami-shop.com/fs/animal/c/m0334

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

最新記事 by 松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)