2017.05.24暮らし , 知識

もしかすると貧血かも?犬が貧血を起こす原因と現れる症状について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が貧血を起こす原因と症状犬がいつも疲れた様子を見せていたり、息切れを起こしたり、フラフラしていることはありませんか?このような症状がみられたら、犬が貧血を起こしている可能性があります。犬の貧血は人間の貧血と異なる部分があるため、犬の体調に不安なことがあれば、すみやかに動物病院で医師の診察を受けましょう。今回は、犬の貧血の原因と症状についてお伝えします。

 

貧血の犬に現れる症状について

貧血の犬にはどのような症状が現れるのでしょうか?以下のような症状がみられたら、貧血を疑いましょう。

 

疲れて息切れを起こしている

疲れて息切れを起こしているそれほどハードな運動をしたわけではないのに、犬が疲れて息切れを起こしていることはないでしょうか?足取りがフラフラしていたり、倒れてしまったりする症状も注意が必要です。人間の貧血と似たようなこれらの症状は、犬が貧血を起こしている可能性があります。

 

歯茎やまぶたの裏が白い

貧血を起こしている犬は、血の気がないという特徴があります。犬の口を開けて歯茎の色と、まぶたの裏の色を確認してみましょう。通常であれば、血が通って赤っぽく見えるはずの歯茎やまぶたの裏が白く見える場合、貧血を起こしている可能性があります。

 

嘔吐(おうと)や体の震えがみられる

寒いところにいるわけでもないのに、犬が体を震わせていないでしょうか?震え、食欲不振、落ち着きのなさ、脱力などの症状がみられる場合は「免疫介在性溶血性貧血」の可能性もあります。他にも、嘔吐(おうと)下痢を併発させる恐れもあるため、注意して観察しましょう。

 

犬の貧血の原因とは?

犬の貧血にはさまざまな原因が考えられます。心当たりがあれば、すみやかに動物病院で獣医師の診察を受けましょう。

 

免疫介在性溶血性貧血が原因

貧血の原因の1つとして「免疫介在性溶血性貧血」が挙げられます。本来であれば犬の体を守るはずの免疫抗体が異常を起こし、体に必要な赤血球を壊してしまうことで起こる貧血です。赤血球が少なくなると、体のあちこちに酸素を運べなくなり、その結果として貧血の症状が引き起こされます。

 

誤ってタマネギを食べたことが原因

誤ってタマネギを食べた日頃から人間が食べているタマネギは、犬にとっては健康を損なう「食べてはいけないもの」の代表です。

犬が誤ってタマネギを食べてしまうと「ハインツ小体性溶血性貧血」を引き起こします。ハインツ小体性溶血性貧血では、タマネギを食べた数日後におしっこの色が赤っぽくなるため、体調の悪化とともに犬のおしっこの色に異常がみられたらこの貧血を疑いましょう。

 

寄生虫が原因

マダニに寄生しているバベシア原虫という寄生虫が原因の「バベシア症」も、犬の貧血の原因として考えられます。食欲がない、発熱している、おしっこの色が赤っぽいといった症状がある場合は、すみやかに動物病院で獣医師の診察を受けましょう。

バベシア症は、マダニにかまれることで起こる感染症のため、散歩の際にマダニが潜んでいる可能性がある山道や深い草むらは、なるべく通らないよう気をつけることで予防できます。

 

おわりに

今回は、犬の貧血でみられる症状と、その原因についてお伝えしました。

犬の貧血でみられる症状として、ハードな運動をしていないにもかかわらず起こる疲れや息切れ、嘔吐(おうと)・下痢・震え、歯茎やまぶたの裏に血の気がなく、白っぽくなるなどが挙げられます。

また、貧血の原因としては、免疫介在性溶血性貧血や、タマネギの誤食、寄生虫による感染症が考えられます。

犬の貧血では、思いもよらない原因が隠れている可能性もあるため、気になる症状がみられたら動物病院で診察を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

最新記事 by 松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ (全て見る)