2018.07.10健康 , 暮らし , 知識 , 食事

危険!ペットに与えてはいけない食べ物とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬や猫などのペットを飼っていると、ついついペットフード以外の食べ物を与えてしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、食べ物によっては少量でも命を脅かす可能性もあるので注意が必要です。

では、犬と猫などのペットに与えてはいけない食べ物にはどのような物があるのでしょうか。

cat and dachshund going to the kitchen to cook chicken

絶対に与えてはいけない食べ物

g_01_02犬の命を脅かす可能性がある食べ物には、チョコレート・アボガド・ネギ類が挙げられます。まず、チョコレートのカカオに含まれているテオブロミンという成分は、犬や猫にとっては毒となり中枢神経が刺激されることで、下痢や嘔吐を引き起こし死に至ることもあります。カカオの含有量が多ければ多いほど、テオブロミンも多く含まれているので、絶対に与えないようにしましょう。

アボガドにも犬や猫に毒となるペルシンという成分が多く含まれており、テオブロミンと同じような症状を引き起こします。玉ネギや長ネギなどのネギ類には、アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれており、これが赤血球を破壊し貧血を引き起こします。こちらも場合によっては死に至ることがあります。

なるべく与えてはいけない食べ物

2b28e1d580b44216e4d57f94e3a24c67_t絶対に与えてはいけない訳ではありませんが、ペットに悪影響を及ぼす食べ物といわれているのが、生の豚肉やスルメなどです。生の豚肉にはトキソプラズマという寄生虫が潜んでおり、下痢や目の病気を引き起こす可能性があります。また、スルメは、胃の中で膨張する恐れがあり胃腸トラブルになることがあるため、なるべく与えないようにしましょう。

与え過ぎてはいけない食べ物

青魚や牛乳などは少量なら与えても大丈夫ですが、与え過ぎると体の不調を引き起こす場合があります。ただ、青魚は与えすぎなければ健康維持に役立つ食材となり、牛乳はペットによっては平気というケースもあります。

ペットの病気や体の不調の原因は、食べ物だけではなく、他にも様々なことが考えられます。その原因を早く突き止めて解決する為にも、動物病院で健康診断ワクチン接種を受けることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

最新記事 by 松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)