2016.09.02食事

トッピングや与え方で変わる!ドッグフードを食べない犬の食事は工夫して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドッグフードを食べない犬の食事

犬と暮らしていると、いつものドッグフードを急に食べなくなってしまうことがあります。

体調に変化があれば病院に連れて行くなどの対処もできますが、元気な様子にもかかわらず食事への食い付きが悪くて困ってしまう飼い主さんも多いのでは無いでしょうか。

 

犬がドッグフードを食べない状況は、原因によって対処方法が変わります。まずは愛犬の様子をしっかりチェックして、何が原因でドッグフードを食べないのかを見極めましょう。

今回は、犬がドッグフードを食べなくなったときの対処法をご紹介します。

 

トッピングで味覚を工夫して

味覚を工夫

愛犬がフードを食べなくなる理由の1つに、いつものフードに飽きてしまったり、味の濃い人元の食事などを口にしたりしてドッグフードでは物足りなくなってしまっていることが考えられます。

 

そんなときは、ドッグフードをドライヤーやぬるま湯で人肌程度に温めてあげたり、動物性タンパク質の食品をトッピングしてあげたりすることも効果的です。

鶏肉や豚肉、レバーを細かく切り、柔らかく炊いたものをドッグフードにトッピングします。他にもカボチャやサツマイモからもビタミンや食物繊維を取ることができます。犬用のトッピングは特に味付けする必要は無く、汁を捨てて完全に冷ましてから与えましょう。

このように、いつものドッグフードを温め、別の食材をトッピングして味覚を変えたりすることで、食い付きを良くすることができます。

 

食事のにおいを強める

ドッグフードは食べなくても、人間の食事やおやつなら口にするという犬もいます。このような場合も、愛犬がドッグフードに対して興味を持てなくなっていることが考えられます。

 

そんなときは、ドッグフードを温めてにおいをアップさせ、食欲を刺激するという方法を試してみましょう。

犬は人間よりも嗅覚が優れているため、電子レンジで温めたりぬるま湯でふやかしたりするだけでも食い付きが良くなる場合があります。

しかし、この工夫で一時的に食べるようになっても、またすぐに食べなくなってしまったり軟便や下痢が続いたりしてしまうケースもあります。こういった犬の場合は、嗜好性の高いドッグフードに切り替えてみるのをおすすめします。

 

また犬は、人間とは違った方法で味を判別し、肉や肉から抽出されたエキスを好みます。しかし、市販のドッグフードには、肉や肉から抽出されたエキスが少ない傾向にあります。そのため、原材料で肉の配分が多いフードを選ぶだけでも食い付きが良くなることがあります。このようにフードを切り替えるときには、それまでのフードに少しずつ混ぜて与えながら徐々に配合を多くしていくと良いでしょう。

 

犬の舌が肥えてしまったら

犬の舌が肥えてしまったら

犬がドッグフードを食べない理由の多くは、ぜいたく病です。犬は人間よりも舌の感度が低く、味付けの濃いものを好む傾向にあります。一度人間の食事を与えられると、人間用に味付けられた濃い味を覚えてしまいます。そして「ドッグフードを食べなかったら、もっとおいしいものがもらえるかも」と考え、いつものドッグフードを拒否するようになります。

 

急に食べなくなってしまうと飼い主は体調が悪いのかと考え缶詰のフードなど豪華な食事を与えて様子を見る場合がありますが、そうなると、もう犬は豪華な食事を待ち続けるようになり、ドッグフードを食べなくなってしまいます。

 

そんな犬にドッグフードを食べさせるには、飼い主の根気も必要です。

対処法としては、与えたドッグフードを食べなければ15分程度で片付けるようにしましょう。そして「もらえるのはドッグフードだけで、決まった時間にしか食べられない」ということを犬に覚えさせます。

食べるまで繰り返し、愛犬がきちんとごはんを食べたら必ず褒めてご褒美をあげましょう。

 

おわりに

今回は、いつものドッグフードを食べなくなったときの対策についてご紹介しました。

ドッグフードを食べなくなった犬の食事は、トッピングや与え方で食い付きが変わることが多くあります。ぜいたく病や、味に飽きている場合だと、食事の与え方の工夫次第で食べてくれるようになります。しかし、高齢化や体調が悪そうな場合には、食欲不振の他の原因も考えられるため、獣医師に相談しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

最新記事 by 松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)