2018.07.24健康 , 暮らし

熱中症から家族を守ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨も明け、だいぶ夏らしい気候になり熱中症の時期が近づいてきました。

私たち人間も気をつけなければなりませんが、ワンちゃん、猫ちゃんも熱中症になる危険があります。

万が一の時に備えて熱中症から大切な家族を守ってあげましょう。

Funny Sleepy Pug Dog with gum in the eye sleep rest on floor in lazy time with tongue sticking out and hearing set.

室内でも室外でも「温度と日光に注意」

室外で飼っている場合

動ける範囲に必ず日陰があるようにしてください。
出来れば、風通しの良いところに犬舎などを置いて下さい。
また、飲み水も充分に確保してください。その上、1日に2回以上を目安にしい水に取り替えてください。
それでも暑そうなら、昼間だけでも玄関に入れるなどの対策を取る事をオススメします。

室内で飼っている場合

飼い主がいる時は良いものの、共働きなどで留守にする時にはどうしたら良いか。
防犯上、窓も開けられないでしょうから、ペットを部屋に閉じ込めておくと、部屋が蒸し風呂状態になり、「熱中症」になってしまう恐れがあります。
こういう状況では、「家中のドアを開放し、ペットが移動出来るスペースを広く取ってあげるようにする」のをオススメします。
この際に、ペットが座ったり寝たり出来るように、“ペット専用のクールマット”(他のひんやりグッズも活用可)を用意したり、濡らしたバスタオルを絞って入れたビニール袋や水を入れて凍らせたペットボトルなどを置いておきましょう。
その他にも、カーテンを閉めて直射日光を防ぐのも有効です。
エアコンがあるなら、「送風」や「おやすみ」モードなどをタイマーなどと組み合わせ、冷え過ぎないようにうまく活用してくださいね。 (温度は26~27度と少し高めの設定を推奨)

散歩に行く際は「時間」が肝心

atsusa2016_icon1夏の散歩は、“時間”が肝心です。
お勧めは、「早朝」「夕方の遅い時間」「夜」です。何故なら、夏の日中ではアスファルトの温度が50度を超えてしまうからです。
そのままでは熱中症だけでなく、足裏のパッド(肉球)が火傷してしまう心配があります。
散歩前に飼い主がアスファルトの地面を触ってみて、熱くないかを確認して下さい。

また、夏は散歩の時間を、少し短めにして下さい。
どうしても日中に散歩に行く必要がある場合は、なるべく「土や草の上を歩かせる」ようにして下さい。
時間も短め、興奮させない、水を飲ませるなどの項目を必ず守って下さいね。

熱中症の原因は少し違いますが、治療法は人間と一緒。万が一、熱中症になってしまった場合も落ち着いて、できる限りの応急手当を行い、病院を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

最新記事 by 松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)