2017.12.18暮らし

猫が窓の外を眺める理由は?猫の縄張り意識について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の縄張り意識について猫と一緒に暮らしたことのある方ならば、猫がじっと窓の外を眺めている姿を目にしたことがあるかと思います。犬と比べると、窓の外を眺めているのは猫の方が多いようですが、猫はなぜ外を見るのが好きなのでしょうか?
今回は、猫が窓の外を眺める理由や、窓の重要性についてご紹介します。

 

猫の視力について

猫は、遠くで飛んでいる鳥に気がついたり、小さな虫を見つけて追いかけたりするため、視力がとても良さそうに思えます。しかし、猫の視力は人間の視力の10分の1程度しかないといわれています。
ものや人をしっかりと識別できるのは大体10m先までで、解像力も低いため静止しているものはぼんやりとしか見えていないようです。
 
視力は低いのですが、動くものを捉える「動体視力」は実に人間の4倍もあるそうで、1秒間に4mmというわずかな動きでも感知できるともいわれています。そのため、私たち人間が気付かないくらい遠くにいる鳥や、小さな虫の動きなどもしっかり捉えることができているのです。

 

猫が窓の外を見る理由は?

猫が窓の外を見る理由窓辺にいることの多い猫は、一体どんな理由で何を見ているのでしょう?
ここでは、考えられる理由を3つご紹介します。

 

【理由その1】縄張り監視

猫が窓の外を眺める1番の理由は「縄張り監視」です。
品種や性別にもよりますが、猫は縄張り意識が高い動物です。外で暮らす猫は特に、自分のテリトリーを守る意識が強いのですが、子猫の頃からずっと室内で暮らしている猫にもその特性はみられます。
室内猫にとって、普段過ごしている部屋の中は自分のテリトリー(縄張り)のため、家の中に敵が侵入して来ないか、異常はないかなど、窓の外を見ながら監視しているのです。
監視中に実際に知らない人や生き物が現れると警戒心を強めますが、自分の縄張り(部屋の中)に入って来ないと分かると「守り抜いた」という安心感や達成感を得て、それだけでストレス解消になっているようです。
窓の外を見て縄張りを監視することは、縄張り意識の強い動物である猫にとって、とても重要な行為の1つなのです。

 

【理由その2】リラックスのため

猫は動体視力のほか、聴力もとても高く、猫の五感の中で聴覚が最も優れているといわれています。
窓の外では虫や鳥などの生き物のほか、風になびく植物や行き交う人々、場所によっては車など、さまざまなものが動き、音を出しています。猫は、安心できる縄張りの中で、動くものを見たり、物音を聞いたりするだけでもストレス解消ができるといわれています。人間に例えると、のんびり公園のベンチに座りながら景色を見たり、リラックスできる部屋で何も考えずテレビを見ていたりするような感覚に近いそうです。

 

【理由その3】日光浴のため

猫は紫外線を浴びてビタミンDを合成し、日光浴をした体の毛づくろいをすることで、口からビタミンDを摂取するといわれています。また、日光浴をすることで血行が良くなり、内臓の動きが促進されたり皮膚や毛の殺菌などができたりなど、猫にとって良い影響をもたらします。猫が本能的に日光を浴びる習慣を持っているのは、自分自身の健康を保つためでもあるのです。
部屋の中で日光浴に1番適している場所といえば、やはり窓辺です。猫が窓辺でじっと座っているときは、健康のための日光浴を行っている最中かもしれません。

 

猫にとって快適な窓辺を準備してあげよう

猫にとって快適な窓辺を準備上記の通り、猫にとって窓の外を見るという行為は、心や体の健康を保つためにとても重要なことです。そのため、部屋の大きさに余裕がない場合でも、家具の配置などを工夫して、なるべく窓辺は猫が快適に過ごせるようなスペースとして開放してあげるようにしましょう。
ここでは、猫が快適に過ごせるような窓辺作りについてご紹介します。

 

静かで日差しがやわらかい窓辺

猫にとって快適な窓辺の条件は「静かな場所にある」ことと、「窓越しにやわらかい日差しが差し込む」ことです。
テレビを見たり大きな物音をたてたりすることがあるリビングではなく、ベッドルームなど静かな部屋の窓辺に、愛猫のお気に入りの座布団やベッドを置いてあげることをおすすめします。
また、日差しが強い夏場はレースのカーテンをしたり、冬の寒い時期は暖房をつけたりして、できるだけ快適に過ごせるようなスペース作りをしてあげましょう。

 

適度に外で動くものが見られる窓

窓の外の環境も、猫にとってはとても重要となります。
いくら窓の外が見えても、人の出入りや車の往来が激しかったり、外から大きい音が聞こえてきたりする場合は、逆に猫にストレスを与えてしまいます。目や耳に入る情報が多すぎると、猫は何の動きを追えば良いか分からなくなってしまい、かえって不安になってしまうのです。
なるべく静かに見守れる場所にある窓辺を、猫のためのスペースとして開放してあげてください。

 

おわりに

今回は、猫が窓の外を眺める理由や、窓の重要性などについてご紹介しました。
窓から外を眺めることは、猫にとって大切な日課であり、心身のバランスを保つ重要な行為でもあります。
窓から外が見えるように、窓辺にベッドを置いたり、キャットタワーを設置したりして、快適なスペースを作ってあげるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)