2018.06.26健康

じめじめ梅雨時期は外耳道炎に気をつけましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから、日に日に熱くなり、湿度も高くなってきます。当院のある名古屋などは特に湿度が高くて大変です。さて、そんなこれからの季節で、病院で多くご相談を受ける病気が外耳道炎です。

梅雨に入る前の今の時期、ワンちゃんネコちゃんの耳の中をチェックしてみてください。 焦げ茶色の汚れやニオイなどはありませんか?そんな症状が見られたら要注意です。すぐにかかりつけの先生にご相談されることをお勧めします。

Hearing checkup of labrador dog in vet ambulance

ワンちゃん・ネコちゃんの外耳炎チェック

1.耳から悪臭がする

2.耳や頭をしきりに掻く

3.触ると嫌がる・痛がる

4.頭をいつも決まった側に傾ける、振る

5.黒色や黄色の耳垢

6.耳介や耳道が赤い、腫れている

7.元気がない・憂鬱そう・イライラなど、態度の変化

8.濃褐色の耳垢がたまっている

9.バランス力や聴力の低下、方向感覚を失う

10.出血やコーヒーかすのような耳垢

 

該当項目はありましたか?

チェックリストがひとつでも当てはまった時は、しっかりと「お耳ケア」を実践してあげてください。

正しいお耳のお手入れ方法!お耳ケアのやり方の解説

【用意するもの】
・耳専用洗浄液  ・コットン数枚

スクリーンショット 2018-06-19 10.38.07

 

これらの病気が起こる原因は、耳の中に存在する常在菌と言われるものが通常よりも増殖し、症状が出るといわれています。これからの季節に重ねて、たれ耳などの犬種で通気性が悪いと、更に起こりやすくなります。

症状が起こるとかゆみを伴い、掻きすぎると耳血腫など、二次的に重度の疾患を併発する場合があります。そのような事が起こらないように日頃のケアが非常に重要です。お耳の正しいケアの仕方を学び、適切な洗浄薬などを使用することにより、かなりの割合で疾患を予防することが可能になります。

【じめじめ対策】

http://www.matsunami-shop.com/fs/animal/c/m0535

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)