2016.11.30食事

犬の乳糖不耐症とは?チーズやミルクなどの乳製品が犬に与える影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳製品が犬に与える影響

ミルクを飲むとお腹を下すという経験をしたことがある方がいると思います。このような症状を発生させる乳糖不耐症は、消化器官内の乳糖を消化するための酵素の減少が原因と考えられています。この乳糖不耐症の症状は、人間だけでなく犬にも起こる可能性があり、良かれと思って与えたはずのミルクが愛犬に悪影響を与える場合もあるのです。

ここでは乳製品が犬に与える影響や、犬の乳糖不耐症についてご紹介します。

 

人間用のミルクが犬に与える影響

ミルクが犬に与える影響

人間用のミルクはカルシウムやタンパク質などの栄養価が高いため、愛犬にも与えたくなりますが、ミルクをとることで便が緩くなったり下痢を起こしたりする可能性があるため、積極的に与えることは控えた方が良いでしょう。

また、人間用のミルクはカロリーが高い食品のため、普段の食事にプラスしてミルクを与えることは、犬を過度に太らせる要因の1つにもなります。以上のことから、犬に人間用のミルクを与えることは基本的にはおすすめできません。

気を付けていてもミルクの誤飲が起こった場合は、まず下痢を何回ほど起こすのかを観察してください。1度だけであれば特別なことは何もしなくて良いのですが、何度も繰り返すようであればその日は胃腸を休ませるために、整腸作用のあるフードを与えましょう。

 

乳糖不耐症とは

乳糖不耐症

牛乳などの乳製品には乳糖が含まれており、乳糖を分解する働きをするものがラクターゼと呼ばれる消化酵素です。赤ちゃんの頃の犬はラクターゼが活発に活動するため、ミルクを飲んでも下痢を起こすことは少ないといわれますが、離乳期を過ぎるとラクターゼが減少するため、お腹を壊しやすくなる可能性があります。

このように乳糖を分解できない体質を乳糖不耐症と呼びます。分解されずに残った乳糖はそのまま大腸に運ばれ、大腸内のさまざまな菌によって発酵して腸内の水分と結合することにより下痢を引き起こしてしまうのです。

 

どれほどの量の乳糖を摂取すれば下痢を引き起こしてしまうかは、犬の体格や年齢によっても差があるため一概にはいえません。中には、少量をなめただけでもお腹を壊してしまう犬もいます。

 

犬に与えても良い乳製品

愛犬に乳糖不耐症が疑われる場合は、乳糖が多く含まれていない乳製品を与えるようにしましょう。

 

ヨーグルト

ヨーグルトは牛乳に比べると乳糖が少ないため、下痢を起こす心配もありません。ただ、甘いヨーグルトは虫歯の原因になり、カロリーも高いため、犬に与える場合は無糖のヨーグルトが良いでしょう。ヨーグルトはドライフードにかけてあげると食べやすくなるため、食欲が落ちているときや、食の細い犬にも適しています。

 

チーズ

チーズは犬の好物の1つです。健康管理のため、塩分少なめのものを選んでください。

数多くあるチーズの中でも、塩分が少ない上に低脂肪であるカッテージチーズがおすすめです。

 

犬用ミルク

ミルクを与える場合は、下痢の原因となる乳糖が分解されている犬用のミルクを与えるようにしてください。また、ヤギのミルクもお腹にやさしく、乳糖不耐症の犬に適しています。ただし、犬用といっても与えすぎは良くありません。必ず容量を守って与えるようにしましょう。

 

おわりに

カルシウムやタンパク質が多く含まれる乳製品は、犬の健康を増進させるために与えたいと思う食品の1つです。しかし、乳糖が多く含まれている食品は、乳糖不耐症である犬は受け付けず、むしろ下痢を引き起こすなどの悪影響を与えてしまう可能性があります。

乳製品を与えるときは、乳糖がどれくらい含まれているのか調べておいた上で、多すぎない量を与えるようにしてください。また、犬用のミルクやヨーグルトなども冷たい状態で与えるとお腹を下しやすくなるため、常温程度で与えるようにしましょう。

 

今回ご紹介した犬用ミルクには、乳糖を除いた牛乳や、食品原材料を用いた人工乳などがあります。中でもおすすめしたいのが、ヤギミルク(ゴートミルク)です。

ヤギミルクにはカルシウム、カリウム、タウリン、リンなどの栄養素が豊富に含まれており、幼犬や老犬の栄養補助として、また病中病後の栄養補助にも適しています。犬の母乳に成分が近いため、アレルギーを起こしにくい点も安心できるポイントです。

このようなヤギミルクを手軽に取り入れるなら、粉末状のヤギミルクがおすすめです。粉末状のヤギミルクなら、そのままご飯やおやつのトッピングとして、または湯に溶いてミルクとして飲ませることもでき、活用シーンが幅広いのも特長です。もちろん、犬に限らず猫にも与えることができるため、ペットの栄養補助食品として利用すると良いでしょう。

 

【幼犬・老犬、病中病後におすすめの栄養補助食品】

http://www.matsunami-shop.com/fs/animal/drc-gm150

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)