商品カテゴリ一覧 > ノミダニ駆除・予防薬 > エフィプロデュオ > 【B】【動物用医薬品】犬用エフィプロ デュオ L 2.68mL×4 2箱セット

ノミダニ駆除・予防薬
【B】【動物用医薬品】犬用エフィプロ デュオ L 2.68mL×4 2箱セット

【B】【動物用医薬品】犬用エフィプロ デュオ L 2.68mL×4 2箱セット

商品番号 effiproduol-2

価格13,335円(税込)

[ 送料込 ]

数量

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

リニューアルに伴い、予告なくパッケージや内容等変更する場合がございます。
予めご了承ください。

※使用期限:2024/06/30目安(11月現在)
※ご注文のタイミングにより、お届けする商品の期限が多少前後する場合がございます。

JANコード:4535023131036
承認指令書番号:30動薬第2032号

効能・効果 ノミ及びマダニの駆除
ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防
成分 有効成分:本品1mL中
フィプロニル:100mg、ピリプロキシフェン:30mg
対応種
内容量 2.68mL×4
用法及び用量 犬の肩甲骨間の首の付け根の被毛を分けてピペットの先端を皮膚に直接付け、下表の通り犬の体重に対応する投与量を滴下する。
【体重:投与量】
2kg以上10kg以下:0.67mLピペット全量
10kgを超え20kg以下:1.34mLピペット全量
20kgを超え40kg以下:2.68mLピペット全量
40kgを超え60kg以下:4.02mLピペット全量
貯蔵方法 30℃以下、遮光
使用上の注意 (基本的事項)
1.守らなければならないこと
(一般的注意)
・本剤は、効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。
・本剤は、定められた用法・用量を厳守すること。
・本剤は、犬以外の動物、特にウサギには使用しないこと。
・本剤は、獣医師の指導の下で使用すること。
(使用者に対する注意)
・本剤の内容液を直接手で触らないこと。
・本剤投与後、完全に乾くまで(通常1時間程度)は投与部位に直接触れないこと。また、投与したことを知らない人も触れないように注意すること。特に小児が、投与した犬に触れないように注意すること。そのため、投与後の犬と小児との接触を避けるよう大人が注意を払える時間帯に投与し、投与後間もない犬が、特に小児と一緒に寝ないようにすることが望ましい。
・本剤は飲み込むと神経毒性などを生じる恐れがあり、有害である。手から口への接触等を介して摂取することがないよう、皮膚や口に付着しないようにすること。
・喫煙や飲食をしながら投与しないこと。
(犬に関する注意)
・本剤は10週齢未満又は体重2kg未満の犬には投与しないこと。
・本剤の成分に過敏症がある場合は使用しないこと。
・病中の犬及び衰弱した犬に対する投与については獣医師と相談し、投与の適否を慎重に決定すること。
・妊娠中、授乳中の犬に対する投与については獣医師と相談し、投与の適否を慎重に決定すること。
・本剤は皮膚病や外傷等の皮膚に異常が認められる部位には使用しないこと。
・本剤は外用以外に使用しないこと。
・4週間未満の間隔での本剤の再投与については、安全性試験を実施していないため、行わないこと。
・本剤は1回投与するとノミに対し約7週間、マダニに対して約4週間、新規の寄生を防御する
ことができる。さらに本剤は、ノミ卵の孵化及びノミ幼虫の変態を12週間阻害することが実験室内試験において認められている。次回の投与は、これらの寄生虫を防御する期間を考慮して行うこと。
(取扱い及び廃棄のための注意)
・ピペットは使用直前にオーバーブリスターから取り出すこと。
・遮光のため、外箱に入れて保管すること。
・小児の手の届かないところに保管すること。
・本剤の保管は、直射日光、高温及び多湿を避け、火気厳禁とすること。特に夏季において、高温多湿の場所に長期間保管しないように注意すること。
・使用後のピペットは直ちに廃棄すること。空容器は、地方公共団体条例等に従い処分すること。
・魚及びその他の水棲生物に影響を与える恐れがあるため、本剤又は使用済みの空容器が湖沼、水路又は下水溝に混入しないようにすること。
・本剤を廃棄する際は、環境や水系を汚染しないように注意し、地方公共団体条例等に従い処分すること。
2.使用に際して気を付けること
(使用者に対する注意)
・使用後は石けんと水で手をよく洗うこと。
・誤って薬剤を飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察を受けること。その際、添付文書を医師に提示すること。
・内容液が皮膚に付着した場合は、水で洗い流すこと。
・眼に付着しないようにすること。万一眼に入った場合は、多量の水で洗い流すこと。眼に刺激を感じた場合は医師の診察を受けること。
(犬に関する注意)
・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。
・本剤の投与の際、内容液が犬の眼に入らないように注意すること。万一眼に触れた場合は、水で眼を洗い流すこと。
・本剤投与後に投与部位を舐めないように注意すること。また、他の動物が投与部位を舐めないように注意すること。
・本剤の投与後にシャンプーを行うと、効果の持続期間が短縮するおそれがある。シャンプーが必要な場合は、本剤投与前に行うのが望ましい。
(取扱いに関する注意)
・本剤は、フローリングの床や家庭用品及び家具等の塗装に影響を与える可能性があるので、それらに本剤が付着しないように注意すること。投与部位が乾かないうちに、犬がそれらに接触しないように注意すること。

広告文責 松波動物病院
TEL052-833-1111
製造者 株式会社ビルバックジャパン
原産国 フランス
商品区分 動物用医薬品



カートへ