2016.09.02健康

猫の毛の生え変わりサイクルは?猫の換毛期とブラッシングのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の換毛期とブラッシング

愛猫との生活の中で、季節によって抜け毛が多く見られるときがあります。これは換毛期と呼ばれる、猫の毛の生え変わりの時期に目にする光景です。清潔好きな猫は、常に舌で毛繕いをしているため、抜け毛の多い換毛期は、特に飼い主のケアが必要となります。

今回は、猫の換毛期とブラッシングのコツについてご紹介します。

 

生え変わりのサイクル・猫の換毛期とは

猫の換毛期は1年間に2回、11月と、春が訪れる3月頃に、毛の長さに関係なくおこります。猫は、毛の抜けやすい「ダブルコート」と、毛の抜けにくい「シングルコート」のふたつのタイプに分けられます。

 

ダブルコートの毛には、外部からの衝撃や日光などから皮膚を守るオーバーコート(ガードヘア)と、体温を調整する役割を持つ、アンダーコート(ダウンヘア)があります。このアンダーコートが季節に合わせて生え変わる期間を換毛期と呼びます。

毛が抜けにくいとされるシングルコートタイプの猫も、季節ごとではありませんが、生え変わりはおこります。

 

換毛期には、自然と大量の抜け毛が発生します。ブラッシングを行うごとに毛が抜けますが、抜ける毛は新しく生えてきた毛に押し出されて抜けたものなので、頻繁にブラッシングをしても心配ありません。

 

換毛期のブラッシングの必要性

ブラッシングの必要性

通常においても、短毛種(シングルコート)は1日1回、長毛種(ダブルコート)は朝晩2回のブラッシングが理想とされています。

換毛期に頻繁なブラッシングが必要な理由は、生え変わりによって抜けた大量の毛を除去するためです。

 

猫は舌を使って、毛繕いをしています。普段は毛玉として吐き出したり、排便と一緒に体外に排出したりしていますが、多くの毛が抜ける換毛期にブラッシングをしないと、通常の量を超える毛を飲み込んでしまうことがあります。

そのため、飲み込んだ毛を吐き出すことができず、毛球症(もうきゅうしょう)を発症する可能性があります。毛繕いによる猫の体調不良防ぐためにも、換毛期には飼い主による十分なブラッシングが必要です。

 

猫のブラッシングのコツ

猫のブラッシングのコツ

猫のブラッシングの基本は、被毛の流れに沿って行います。毛の長さに合わせたブラシで、比較的嫌がらない、頭の後ろや首周りから始めて、背中からしっぽへとアンダーコートをとるように優しくブラッシングをしましょう。

 

腹部の被毛や脚周りの毛は、仰向けにしてブラッシングをします。仰向けにしたときは、ネコをひざの上にのせるとブラッシングしやすくなります。

中には、どうしてもブラッシングを嫌がる猫もいます。その場合は、手を使いマッサージをするように体をなでて、ブラッシングをします。

 

ブラッシングを始めるときに、毛が散らからないように、あらかじめ毛をわずかにぬらしておくのも効果的です。

ブラシの材質は、金属やシリコン、天然毛などさまざまなタイプがあります。それぞれ一長一短がありますが、天然毛は、適度に油分があるため毛艶が出やすいというメリットがあります。

抜け毛の多い換毛期のブラッシングは、飼い主にとっても負担がかかりますが、スキンシップの1つとして大切な行為でもあります。

ライフスタイルによっては、思わずブラッシングを急いでしまうケースも考えられます。しかし、ブラッシングの最大のコツは、猫に痛い思いや不快感を与えないことです。

 

おわりに

今回は、猫の換毛期とブラッシングのコツについてご紹介してきました。季節に合わせた毛の生え変わりや、ブラッシングの必要性やコツについてお分かりいただけたかと思います。愛猫の健康管理の1つとして、換毛期の季節とブラッシングの方法について、改めて考えてみるのはいかかでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)