2018.09.04暮らし

犬猫の被毛の役割と種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

被毛とは犬やの体を覆っている毛のことを言い、体温を調節する役割があります。夏は暑さを軽減するために被毛は抜け、冬は寒さに耐えるために被毛が生えてきます。人間が衣服で体温を調節するのと同じように、犬や猫も被毛で体温を調節しています。

また、被毛は外部の刺激から体を守るなどの役割も担っています。外で活動することが多い犬や猫は、紫外線や雨、病原体の感染など外部からの刺激を直接受けてしまいます。犬や猫は皮膚が薄く、外部からの刺激を受けやすくなっているため、体を保護するという意味でも被毛は大変重要な役割を担っています。

Owner brushing cute cat at home

被毛の種類:シングルコート

g_08_02被毛が一重構造になっているものをシングルコートと言います。シングルコートの犬や猫は毛が生えかわる換毛期がないので、比較的抜け毛が少ないのが特徴です。換毛期がないからといって毛が全く抜け落ちないというわけではありません。長毛種だとブラッシングやトリミングなどのお手入れを怠った場合、毛玉ができたり、臭いが発生する原因にもなりますので、こまめな手入れが欠かせません。

シングルコートの犬種…プードル、パピヨン、ミニチュアダックスチワワ
シングルコートの猫種…ターキッシュアンゴラ、シャム、ソマリ

被毛の種類:ダブルコート

ML295024被毛が上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の二重構造になっているものをダブルコートと言います。シングルコートとは違い、春や秋に換毛期があります。比較的短毛種が多いのですが、換毛期には下毛が多く抜けてしまいます。この時期にお手入れを怠ってしまうと毛玉ができ、その毛玉によって通気性が悪くなり皮膚病などの原因にもなりますので、注意が必要です。換毛期には毎日ブラッシングを行い、抜けた毛を取ってあげましょう。

ダブルコートの犬種…ポメラニアン、柴犬、ゴールデンレトリーバー、スピッツ
ダブルコートの猫種…スコティッシュ・フォールド、アメリカンショートヘア、ロシアンブルー

 

シングルコートとダブルコートにはそれぞれ違いがあっても、こまめなお手入れが欠かせないということは同じです。大切なペットのためにも、しっかりとブラッシングをしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

わたしたちは創立1974年以来、愛知県名古屋市内で動物病院ペットの健康管理をトータルサポートし続けています。当院は犬・猫をはじめとする小動物の診療を主体として、トリミング、しつけ教室、ペットホテル、通信販売など、さまざまなペットケアサービスをワンストップで展開しています。
松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ

最新記事 by 松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)